manavia Study

m-maga
道徳

「深い学び」を実現する道徳科授業づくり

國學院大學教授
田沼 茂紀
第3回 道徳科における「見方・考え方」とは何か

道徳的に「見る」「考える」とはどういうことか

 
小・中学校新指導要領第1章「総則」第3「教育課程の実施と学習評価」では、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善の方向性について、次のように述べています。
 
各教科等の特質に応じた物事を捉える視点や考え方(以下「見方・考え方」という。)が鍛えられていくことに留意し、児童(生徒)が各教科等の特質に応じた見方・考え方を働かせながら、知識を相互に関連付けてより深く理解したり、情報を精査して考えを形成したり、問題を見いだして解決策を考えたり、思いや考えを基に創造したりすることに向かう過程を重視した学習の充実を図ること。
 
ここに問われる「見方・考え方」とは、いったいどのような様態を意味するのでしょうか。額面どおりに受け取れば、各教科における学びの本質、たとえば、真理や真実、価値あるものの意味や物事の法則性についての認識の仕方、理解の仕方を意図しているように見えます。
 
さらに平易に述べれば、自分と同様に生きる他者と共によりよく生きるためのものの見方、感じ方、考え方について、心底分かったと納得できるような学び方の方法を身に付けていくということになるでしょう。
 
たとえば「友情」を道徳的テーマに据えるなら、友人との良好な人間関係の維持を第一に考えるのか、それとも相手のことを慮って、あえて苦言を呈するほうが友情に厚いのかといったことを含むものと考えられます。
もちろん、中庸を求めるという選択もあると思います。要は、問題とすべき道徳的テーマについての認識方法と認識内容の両面から検討し合い、よいことは受け入れ、間違っていることは正すという是々非々で道徳的に思考・判断できる認識力を育成するような道徳科授業づくりが大切になるということです。
 
そのためには、道徳的な問題に対してどこに着目して考えるのか、どのような視点で検討すればその本質についての深い理解が可能となるのか、そんな道徳的な学び方、道徳的な深め方を子供自らが試行錯誤する、それがここに言う「見方・考え方を働かせる」ということです。
 

オススメ図書・動画など


 

 

田沼 茂紀 編著

 

本書の構成

第1章 「主体的・対話的で深い学び」を実現する道徳科授業づくり
第2章 道徳科授業における評価とは何か
第3章 道徳科授業の評価をどう進めるか
第4章 パッケージ型ユニット(単元型学習)のカリキュラム・デザイン
第5章 道徳科授業の評価方法論的視点とそのフレーム
第6章 [子供が本気で語り、本気で学ぶ]道徳科授業の実践と評価の進め方