manavia Study

日本初等理科教育研究会

本研究会より

2018 2015 2014 全て 

平成30年度第55回日本初等理科教育研究会全国大会 富山大会のお知らせ

〇研究主題  今まさに,真の問題解決を問う  ―理科における資質・能力の育成に向けて―

〇開催日   平成30年11月22日(木)

〇場所    富山市立速星小学校(富山県富山市婦中町速星752)
       婦中ふれあい館(富山県富山市婦中町砂子田1-1)

〇富山大会ホームページ  https://sites.google.com/view/nisyori-toyama

※会場へは,富山駅からタクシーで行く場合と,富山駅からJR高山本線(速星駅降車・徒歩)で行く場合とがございます。タクシーを利用する場合には約20分前後かかります。JR高山本線をご利用の場合には,リンク先の時刻表を参考にしていただければと思います。
JR高山本線(富山駅)時刻表
http://ekikara.jp/newdata/ekijikoku/2301101/up1_16201021.htm

 

 申込等については,富山大会ホームページ,もしくは添付のご案内をご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

 

第54回 日本初等理科教育研究会 全国大会三沢大会

大会主題 「子どもが実感し納得できる問題解決」

-意欲的な問題解決へのアプローチ-

 

○ 開催日: 平成27年11月20日(金)

○ 会場: 青森県三沢市立三沢小学校

○主催:日本初等理科教育研究会 (主管:日本初等理科教育研究上十三支部)

問題解決的な学習の展開は、これまで長く研究されてきました。しかしこの数年来、「学習問題が子どもの問題となっておらず、問題解決的な学習の展開 が形骸化してきているのではないか」戸の指摘が数多く聞かれます。このような授業展開では、子どもが心から時間し納得することはできないのであろうと考え ます。

そこで、上十三支部では、子ども一人一人に解決したい切実感のある問題をもたせることで、必然性のある授業展開にすること。また、問題を解決してい く過程で、教師による発問を工夫することにより必要感のある対話を促すことを通し、子ども自身が主体的に自分の問題を解決するとともに、科学的な思考力・ 表現力の育成を図る授業展開につなげていきたいと考えます。

本大会では、子ども一人一人が実感し納得できる問題解決を軸に据えた授業を提案します。

第53回 日本初等理科教育研究会 全国大会千葉大会

大会主題 「知的好奇心と科学的な見方や考え方」

-意欲的な問題解決へのアプローチ-

 

○ 開催日: 平成26年12月5日(金)

○ 会場: 千葉市立緑町小学校

○主催:日本初等理科教育研究会 (主管:日本初等理科教育研究千葉支部)

・文部科学省・全国小学校理科研究協議会・千葉県教育委員会・千葉市教育委員会・千葉県小学校長会・千葉県中学校長会・千葉市小学校長会・千葉市中学校長会・千葉県教育研究会理科教育部会・千葉市教育研究会・ソニー科学教育研究会

 

知的好奇心とは「対象に対して、驚き、疑問、矛盾、当惑などを感じ、それらを解消しようとして、不明確な点を明らかにしようとする心的活動」(初教 出版:新理科教育用語事典)です。子どもに知的好奇心があるからこそ問題解決の学習が成立します。また、科学的な見方や考え方をもって対象とかかわること により、知的好奇心をもち続け、問題解決の過程を通して新たな科学的な見方や考え方、活用する力を獲得していきます。

千葉大会では、子どもたちが知的好奇心に支えられ、意欲的に問題解決を進めていく授業を提案します。