manavia Study

日本初等理科教育研究会

本研究会より

2019 2016 2015 全て 
  • 中央夏期講座

平成28年度第55回初等理科教育中央夏期講座のご案内


添付ファイル:h28summer3.pdf

平成28年度「第55回中央夏季講座」の御案内(2次案内)

 

研究テーマ:「アクティブ・ラーニング」で理科授業はどう変わるか

「21 世紀型能力」「アクティブ・ラーニング」「コンピテンシー・ベース」といった新しいキーワードを耳にする中、
新学習指導要領改訂の作業がスタートしました。中でも、高等教育の授業改善のために登場したはずの「アクティブ・ラーニング」は、今や初等教育にまで導入されようとしています。

新しいキーワードが登場するたびに繰り返されてきたことですが、何の必要感もないまま、形式ばかりを優先した授業改善の動きが教育現場に既に出てきているという声も聞いています。
そもそも「アクティブ・ラーニング」とは何なのでしょうか。どのような社会背景、理論のもとに登場したのでしょ
うか。
また、現在の「問題解決的な学習」にどのように問題があり、それを解決する上でどのような効果が期待されているのでしょうか。さらに、「アクティブ・ラーニング」をどのように授業に導入すれば、子どもたちの学びはさらに価値あるものになるのでしょうか…。

今回は、これまでの「問題解決的な学習」の授業をたたき台に、「アクティブ・ラーニング」の視点から具体的な
授業改善について議論してみたいと思います。

1 主 催    日本初等理科教育研究会

2 期 日    平成28年8月2日(火)、3日(水)

3 会 場    筑波大学附属小学校 東京都文京区大塚3-29-1

(東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅より徒歩約8分)

4 参加費    会員:4、000円  一般:6、000円  学生:3、000円