manavia Study

算数授業研究
  • 公開講座

公開講座 参加申し込み

下記要領でメールで事前にお申し込みください。

公開講座の受付票をメール添付でお送りいたします。

 メール宛先  tsukubasansu@yahoo.co.jp

 メール件名「第XX回・お申し込み者指名・ご所属」

 メール本文「ご連絡先(住所・電話番号)」

定期購読お申込み

お得な定期購読のお申し込みは”こちらから

  • 公開講座

第68回『算数授業研究』公開講座 算数スプリングフェスティバル

期 日 2020年2月29日(土)、3月1日(日)

年間テーマ 資質・能力を育む授業の基礎基本

[1日目]

授業1  夏坂哲志

授業2  森本隆史

ビデオ授業解説型講演 盛山隆雄、中田寿幸

[2日目]

授業3  大野桂

授業4  山本良和

講 演  夏坂哲志

  • ゼミナール

第6回『算数授業研究』ゼミナール

日時 1月12日(日)

内容 講演、ワークショップ等

担当 森本隆史、盛山隆雄

  • ゼミナール

第5回『算数授業研究』ゼミナール

日時 12月8日(日)

内容 講演、ワークショップ等

担当 夏坂哲志、山本良和

  • ゼミナール

第4回『算数授業研究』ゼミナール

日時 11月10日(日)

内容 講演、ワークショップ等

担当 山本良和、大野桂

  • 公開講座

第67回『算数授業研究』公開講座 in 豊中

期 日 2019年10月27日(日)

年間テーマ 資質・能力を育む授業の基礎基本

会場 大阪府豊中市立大池小学校

[公開授業]

森本隆史、夏坂哲志

 

[講 座]

森本隆史、夏坂哲志

盛山隆雄、中田寿幸、大野桂

 

[講 演]

山本良和

  • ゼミナール

第3回『算数授業研究』ゼミナール

日時 9月22日(日)

内容 講演、ワークショップ等

担当 盛山隆雄、中田寿幸

  • ゼミナール

第2回『算数授業研究』ゼミナール

日時 8月3日(土)

内容 講演、ワークショップ等

担当 中田寿幸、森本隆史

  • 公開講座

第66回『算数授業研究』公開講座 算数サマーフェスティバル

期 日 2019年7月13日(土)、14日(日)

年間テーマ 資質・能力を育む授業の基礎基本

[1日目]

授業1  中田寿幸

授業2  盛山隆雄

講 演  森本隆史

 

[2日目]

授業3  大野桂

授業4  山本良和

講 演  夏坂哲志

 

 

第6回『算数授業研究』ゼミナール

[開催期間]2020年1月12日
[募集期間]2019年6月21日~2020年1月11日
[開催場所]筑波大学附属小学校
[参加費]:円
[ジャンル]小学校教育|教科教育|教育相談|算数

詳細を見る
  • ゼミナール

第1回『算数授業研究』ゼミナール

日時 6月1日(土)13:30~15:30

内容 講演、ワークショップ等

担当 大野桂、夏坂哲志

  • 公開講座

第65回『算数授業研究』公開講座

期 日 2019年5月19日(日)

年間テーマ 資質・能力を育む授業の基礎基本

授業1  盛山隆雄

授業2  中田寿幸

講 演  大野桂

 

 

 

  • 最新号

算数授業研究 122号

出版年月日 2019年5月1日

算数に苦手意識をもつ子どもでも自然と力がつくような、選りすぐりの「算数の遊び・ゲーム・常時活動」を一挙紹介! 各学年各領域で使えるネタ満載の保存版!!

算数授業研究 121号

出版年月日 2019年2月1日

「算数的活動」から「数学的活動」へ。数学的な問題発見・問題解決のプロセスを重視した今回の学習指導要領改定で、用語が改められた算数の「活動」。これからの算数授業で求められる「活動」のあり方を見直す算数授業論究。

算数授業研究 120号

出版年月日 2018年12月1日

何を変えると算数の授業が変わるのか。授業前、授業中に教師はなにを意識するべきか。各学年の難単元に焦点を絞り、授業の改善ポイントを特集します。

算数授業研究 119号

出版年月日 2018年10月1日

算数の学習は答えを出して終わりではなく、「常によりよい結果を追い求めて行くこと」に価値がある。本号では、子どもが考え直す機会を保障する算数授業の具体について特集する。第2特集は、プログラミング的思考と算数授業についてを特集。

算数授業研究 118号

出版年月日 2018年8月1日

「子どもの表現は重視されているか――」表現力の育成を目指しながらも、日々の授業での子どもの表現を軽視している場面はないだろうか。目の前の子どもの素朴な表現に耳を傾けることから始める表現力の育成について、授業場面をもとに具体的に論じる特集号。

算数授業研究 117号

出版年月日 2018年6月15日

「問題文を読んでも、数量の関係をとらえることができない」「何をどのように答えればよいのかがわからない」とつまずく子も多い文章題。問題場面をイメージできるような提示の仕方や、数量の関係を整理するための発問など、文章題指導のポイントを特集。

■ この大会・イベントは終了しました

第61回 『算数授業研究』公開講座

[開催期間]2019年5月26日
[募集期間]2018年1月1日~2018年5月26日
[開催場所]筑波大学附属小学校
[参加費]:3,000円

詳細を見る