manavia Study

m-maga
授業改善

授業改善の視点

NEW
國學院大學教授
澤井 陽介
昭和35年・東京生まれ。社会人のスタートは民間企業。その後、昭和59年から東京都で小学校教諭、平成12年から都立多摩教育研究所、八王子市教育委員会で指導主事、町田市教育委員会で統括指導主事、教育政策担当副参事を経て、平成21年7月より教科調査官、平成28年4月より視学官を経て、平成30年4月より現職。 《主な編著》単著『学級経営は「問い」が9割』東洋館出版社(2016年3月)、『澤井陽介の社会科の授業デザイン』東洋館出版社(2015年3月)、『小学校社会 授業改善の5つのフォーカス』図書文化社(2013年7月)、ほか多数。

概要


「何度も読み返したくなる本に出会えました」(30代 教諭)
「とても素晴らしい本だと思います。校内研究に役立つ視点が分かりやすく書かれており、すぐに職場で話題になった本でした」(40代 教諭)
「これまで教育書が授業研究の方法をこのように分かりやすく書いてくれたことはなかった」(60代 大学職員)
読者の先生方から絶大な支持をいただいた『授業の見方』。そのなかから第1章「学びのプロセスを質的に高める授業改善の視点」を丸ごと公開。

INDEX


第1回「主体的な学び」とは?

閲覧期間:2018/12/03 〜 2030/03/31

第2回「対話的な学び」とは?

閲覧期間:2018/12/06 〜 2030/03/31

第3回「深い学び」とは?

閲覧期間:2018/12/10 〜 2030/03/31

第4回|最終回「見方・考え方」とは?

閲覧期間:2018/12/13 〜 2030/03/31

オススメ図書・動画など


 

 

澤井 陽介 著

 

本書の構成

序章 本書のミッション
第1章 学びのプロセスを質的に高める授業改善の視点
第2章 授業の見方を「知る」
第3章 授業の見方が「生きる」
第4章 授業の見方を「生かす」