manavia Study

m-maga
授業改善

教務主任のミッション

國學院大學教授
安野 功
専門は社会科教育。前職の文部科学省教科調査官時代には、平成20年版学習指導要領(小学校社会科)の改訂を担当。小学校教諭、教育委員会指導主事の経験をもち、その間、浦和市(現・さいたま市)立高砂小学校、道祖士小学校にて研究主任、教務主任を歴任。研究・研修を軸とした学校づくりのチームリーダーとして辣腕を発揮。

概要


研究を核にする、人を巻き込む、人を育てる。学校あるあるにとらわれず、革新的な考えをもち、それを実現するために戦略的に地道な行為を続ける。こうした学校現場のリアルな授業改善への取組を、教務主任の立場から明らかにした『教務主任の仕事整理術』。読者からは「具体的な内容ですごく役立つことが多い」と高い評価を得ています。その本書の第1章「教務主任のミッション」を丸ごと公開。

INDEX


第1回教師を「人財」へと導く台風の目

閲覧期間:2018/10/06 〜 2030/03/31

第2回教師を巻き込む

閲覧期間:2018/10/10 〜 2030/03/31

第3回教務主任観こそが大切

閲覧期間:2018/10/13 〜 2030/03/31

第5回新たな工夫・改善は、提案の矛先を変える

閲覧期間:2018/10/20 〜 2030/03/31

第6回教務主任の3つのタイプ

閲覧期間:2018/10/24 〜 2030/03/31

第7回教務主任として目指す方向

閲覧期間:2018/10/27 〜 2030/03/31

第8回|最終回学校全体の教育力を引き上げる

閲覧期間:2018/10/31 〜 2030/03/31

オススメ図書・動画など


 

 

安野 功  著

 

本書の構成

第1章 教務主任のミッション
第2章 よりよい人間関係と組織づくり
第3章 学校の教育力をビルドアップする
第4章 先手を打って、教師の仕事をやりやすくする