manavia Study

大会・イベント

  • 参加費有料

日本ソーシャル・イノベーション学会 2019年9月21日(土) 夏季セミナー

 

「教育と組織のイノベーション」
主催

日本ソーシャル・イノベーション学会

お問い合わせ
概要
開催期間
2019/09/21
開催時間
13:30〜17:00
開催地
東京都
開催場所
東京工業大学 大岡山キャンパス西9号館7階716室
東京都目黒区大岡山2-12-1
参加費
一般 2000円
学生 500円
懇親会 4000円
募集定員
100名
趣旨・目的

1. タイトル:「教育と組織のイノベーション」

2. 趣旨:教育を改革していくには、教育する組織自体が変わっていかなくてはならない。
よりよい社会のために新しい仕組みを生み出し、変化を引き起こす「ソーシャル・イノベーション」の研究と推進を目指し、京都の同志社大学を母体に2018年秋に発足した日本ソーシャル・イノベーション学会。その初めての東京でのセミナーを、この「教育と組織のイノベーション」をテーマに、教育改革を推進する東京工業大学で多様なイノベーターを迎えて開催します。
3. 主催:日本ソーシャル・イノベーション学会
4. 共催:同志社大学人文科学研究所第5部門研究会(ソーシャル・イノベーション学)
5. 協賛:東京工業大学リベラルアーツ研究教育院、東京工業大学リーダーシップ教育院
6. 日時:2019年9月21日(土)13:30〜17:00 ※18時から近郊で懇親会
7. 会場東京工業大学 大岡山キャンパス西9号館7階716室 
(東京都目黒区大岡山2-12-1 ※地図参照)
8. 内容:
開会:今里 滋 日本ソーシャル・イノベーション学会 共同代表理事

(同志社大学政策学部・大学院総合政策科学研究科 教授)

第一部:「東工大の教育改革とそれを支える組織変革」
講演者:上田 紀行 氏(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院長)
報告①「リベラルアーツ教育の全体像」
室田 真男 氏(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院 教授)
報告②「リーダーシップ教育院の試み」
嘉村 賢州 氏(リーダーシップ教育院 特任准教授)
(第一部コーディネート:中野 民夫 本学会理事、東京工業大学 教授)

第二部:「社会に関わり、社会を変える学校教育を目指して」
講演者:溝上 慎一 氏(桐蔭学園理事長 桐蔭横浜大学特任教授)
「〈学び〉の恩送り—底抜けしない社会をつくる—」
講演者:牧野 篤 氏(東京大学 大学院教育学研究科 教授)
パネルトーク:上田氏、溝上氏、牧野氏
(コーディネート:関根 千佳 本学会理事、同志社大学客員教授)

第三部:参加者同士が対話で深めあうグループワーク
閉会:新川 達郎 日本ソーシャル・イノベーション学会 共同代表理事
(同志社大学政策学部・大学院総合政策科学研究科 教授)

9. 参加費(資料代含):
一般2,000円、学生(院生)500円、学会員無料
※懇親会参加費(要申込み):4,000円

10. 定員:100名
11. 申込み:Peatixより申込み
*〆切:9月20日(定員になり次第〆切)
12. 問合せ:日本ソーシャル・イノベーション学会
企画委員会 東京事務局 Email:sitky0921@gmail.com

日本ソーシャル・イノベーション学会(Japan Society of Social Innovation : JSSI )
ソーシャル・イノベーションに関する研究と実践の創発と交流の場として、2018年11月に発足しました。実践に生かす「ソーシャル・イノベーション学」の構築と普及、そしてソーシャル・イノベーションを担う人財(ソーシャル・イノベーター)の育成と知の共創を目指して活動しています。

《公式サイト》https://jassi.jp/
《Facebookページ》https://www.facebook.com/jssi2018/


【講演者】
上田 紀行(東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院長)
文化人類学者、医学博士。86年よりスリランカで「悪魔祓い」のフィールドワークを行い、その後「癒やし」の観点を最も早くから提示し、生きる意味を見失った現代社会への提言を続けている。日本仏教再生に向けての運動にも取り組み、2005年にはスタンフォード大学仏教学研究所フェローとして講義を行う。東工大学内においては、学生による授業評価が全学1200人の教員中第1位となり、2004年に「東工大教育賞・最優秀賞」を学長より授与された。近著『愛する意味』(光文社新書)他多数。

室田 真男(東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 教授)
嘉村 賢州(東京工業大学 リーダーシップ教育院 特任准教授)

牧野 篤(東京大学 大学院教育学研究科 教授)
専門はもともと中国近代教育思想、今は社会教育・生涯学習を担当。日本のまちづくりや高齢化と過疎化問題、中国・台湾のコミュニティ教育・少子高齢化問題などに関心がある。最近では、自治体と一緒に公民館や生涯学習の共同調査、多世代交流型コミュニティの構築、中山間村の活性化事業、また企業と一緒に「ものづくりの社会化」プログラムなどを行っている。『社会づくりとしての学び—信頼を贈りあい、当事者性を復活する運動)』(東京大学出版会)他多数。

溝上 慎一(桐蔭学園理事長、トランジションセンター所長、桐蔭横浜大学 特任教授)
心理学分野では、自己・アイデンティティ形成/分権的自己観/現代青年期論。教育学分野では、学びと成長/学校から仕事・社会へのトランジション/アクティブラーニング/キャリア形成。2018年から学校法人桐蔭学園理事長に就任。『アクティブラーニング型授業の基本形と生徒の身体性 (学びと成長の講話シリーズ第1巻) 』(東信堂) 、 『学習とパーソナリティ 「あの子はおとなしいけど成績はいいんですよね! 」をどう見るか (学びと成長の講話シリーズ第2巻)』(東信堂)他多数。

【会場】
東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館7階716室
東京都目黒区大岡山2-12-1 大岡山駅(東急大井町線・目黒線)
 

【お申込み】
https://jssi2019tokyotech.peatix.com/

ジャンル
  • 学校教育全般
管理機能

開催場所アクセス

東京工業大学 大岡山キャンパス西9号館7階716室 (〒- 東京都 東京都目黒区大岡山2-12-1 )
ここに地図が表示されます