manavia Study

大会・イベント

  • 参加費無料

知的障害のある児童生徒の"魅力"デザイン・プロジェクト

 

横浜国立大学教育学部附属特別支援学校 令和元年度公開研究協議会
主催

横浜国立大学教育学部附属特別支援学校

お問い合わせ
概要
開催期間
2019/12/07
受付開始
09:00〜
開催時間
09:00〜16:30
開催地
神奈川県
開催場所
横浜国立大学教育学部附属特別支援学校
〒232-0061 横浜市南区大岡2-31-3
参加費
無料
募集定員
300名
添付ファイル
令和元年度 公開研究協議会 第2次案内令和元年度 公開研究協議会 参加申込FAX用紙
趣旨・目的

研究プロジェクトの背景と趣旨


 共生社会の実現に向け、特別支援学校は何をすべきかが今問われています。また、「心のバリアフリー」をどのように図っていくか、様々な取り組みが始まっています。

 人が地域の人と関わりをもって暮らしていくことで共生社会が実現されるととらえています。その関わりをつなぐもののひとつが、子どもたちの「魅力」だと考えました。

 私たちは、障害のある子どもたちの個々のもつ特技や好きなこと、そして苦手なことや嫌いなことも、それらすべて「魅力」になり得るものとし、それらが場のデザインによって発揮されるのではないかという問いを立てました。

 今年度は「授業の中で大事にしたい子どもたちの魅力」を明らかにすべく、授業の中での活動や環境をデザインすることを目的に研究に取り組んできました。


 

研究の運営体制


 横浜国立大学の先生方を共同研究者に迎え、教員は2つのチームに分かれて研究を進めています。また、公開研究協議会当日は、外部機関の先生方に研究助言者を依頼し、本校の取組に率直な意見を頂きます。

【表現チーム】子どもの表現の魅力を検討しています

       共同研究者:中嶋俊夫先生(横浜国立大学)

             小池研二先生(横浜国立大学)

             軍司敦子先生(横浜国立大学)

       研究助言者:鈴木敏彦先生(和泉短期大学)

             河合高鋭先生(鶴見大学短期大学部)

【夢の実現チーム】魅力ある社会人として活躍する姿を検討しています

       共同研究者:大内美智子先生(横浜国立大学)

             泉真由子先生(横浜国立大学)

             後藤隆章先生(横浜国立大学)

       研究助言者:日戸由刈先生(相模女子大学)


 

公開研究協議会の主な内容


 公開授業、全体会、研究協議会


 

申し込み方法


添付の「参加申込FAX用紙」で申し込みをお願いいたします。

★本校の公開研究協議会は、特別支援学校の先生方だけでなく、高等学校の先生、教職を志望する大学生、大学教員など、多様な方々が参加します。興味のある方は、気兼ねなくご参加ください。


 

 

ジャンル
  • 特別支援教育
管理機能

開催場所アクセス

横浜国立大学教育学部附属特別支援学校 (〒232-0061 神奈川県 横浜市南区大岡2-31-3 )
ここに地図が表示されます