manavia Study

日本道徳科教育学会

大会・イベント

日本道徳科教育学会第3回大会開催案内(第2次)

  • 研究大会案内
概要
大会主題
日本道徳科教育学会第3回大会
開催期間
2019年11月30日
受付開始
09:00〜
募集期間
2019年10月17日~2019年11月30日
開催場所
東京都渋谷区立神南小学校
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町5−1
参加対象者
幼・小・中・高校等教員、教育行政関係者等
募集定員
500名
支払方法
当日現金決済
ジャンル
学校教育全般|保育・幼児教育|小学校教育|中学校教育|高等学校教育|特別支援教育|教育行政全般|教育課程全般|学習指導要領全般|指導法全般|教科教育|生徒指導|生活指導|道徳
趣旨・目的

日本道徳科教育学会第3回大会開催案内(第2次)

 

日本道徳科教育学会長    長谷  徹

小学校では「特別の教科である道徳(道徳科)」がスタートして2年目を、中学校において今年度から全面実施となりました。各学校における道徳科の進捗状況はいかがでしょうか。考え議論する道徳とはどのようなものか、教科書はどのように活用すればよいか、評価はどうするのかなど、各学校においては試行錯誤を繰り返しながら授業改善に努めているものと思われます。

さて、道徳の特別の教科化を機に発足した日本道徳科教育学会では第3回研究大会を下記のように開催致します。全国からお集まりの皆様とご一緒に今求められる道徳科の授業改善について深く考え熱く語り合いたいと存じます。是非多くの皆様にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

大会テーマ: 「道徳科における指導と評価の一体化」

 

【大会テーマ設定の趣旨】

平成27年3月27日に改訂された道徳は、これまでの読み物教材による登場人物などの読み取りに終始した授業や望ましいと思われることを発言させたり、書かせたりすることのみを目的とした授業等の改善に向けて特別の教科 道徳(道徳科)として実施されています。

しかし、ともすると指導方法である問題解決的な学習や体験的な学習などを目的視して道徳授業の特質が失われた授業が行われていたり、子供の姿が見えない形式的な授業論が声高に叫ばれたりするなど、道徳科の全面実施に向けて懸念すべき問題が生じています。

本大会では、授業の場である学校を会場として、授業実践者を中心にこれまでの道徳教育、道徳授業の研究成果を生かしながら、道徳科の本質を生かした授業とはどのようなものなのか、何をどのように考えることが肝要なのかを協議し合い、深めることで、学校における道徳科の授業改善に資することを目指しています。

1.期 日 : 令和元年11月30日(土)

2.会 場 : 東京都渋谷区立神南小学校 

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町5−1

(JR山手線、京王井の頭線、東急東横線・東急田園都市線、

地下鉄銀座線・半蔵門線・副都心線 渋谷駅下車 徒歩10分)

3.主 催 : 日本道徳科教育学会  

4.大会参加費   会員:2000円  当日参加者:2000円  学生:1000円

5. 大会の主な日程

9:00受 付 

10:00 基調講演  教育基本法と道徳教育 

帝京大学特任教授 元文部科学省生涯学習政策局長 田中 総一郎 先生

12:30~14:45  自由研究発表

15:00~16:50 シンポジウム

道徳科の本質を生かした授業の創造

コーディネーター 吉本恒幸(聖徳大学)

 

告知
【参加費】

【懇親会費など】

開催場所アクセス

東京都渋谷区立神南小学校(〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町5−1)

ここに地図が表示されます

イベント事務局

事務局名:日本道徳科教育学会
住所:東京都八王子市大塚359
電話番号:042-690-8235
メールアドレス:akabori@main.teikyo-u.ac.jp

問い合わせ先

氏名:赤堀博行
勤務先:帝京大学大学院教職研究科
住所:東京都八王子市大塚359
電話番号:042-690-8235
メールアドレス:akabori@main.teikyo-u.ac.jp